==青年海外協力隊の皆さんとディナー==

最後の晩餐には、ケニアに赴任している青年海外協力隊の4人の方々と、ケニア在住30数年の獣医の神戸先生、マサイの妻でもあるツアーガイドの永松真紀さんが集まってくださり、
ナイロビで語学学校を開いている上田先生の手料理を囲んで、美味しいご飯の後には協力隊の皆さんとの、パネルディスカッションもあった、賑やかでとても勉強になるお食事会を開いていただきました。

10日ぶりの日本食に大興奮で、写真も忘れてしまいましたが・・・
ナカナカ材料も入りにくいであろうナイロビで、手作りのおでんです。がんもも、こんにゃくも、つくねも、みんな手作り! レバーの煮込みや、砂肝のピリカラまで・・・まるで居酒屋で寛いでるみたい!「とっても美味しかったです。ご馳走様でした」

ケニアでの夜も、今日が最後です。
残留組は、それぞれ次ぎの滞在先へと向かい、一人減り二人減り・・・なんだか凄く寂しいけど、
でも同時に凄く前向きな気持ちになれて笑って「バイバイ」出来るのが不思議だな。

明日は最後の一日。 最後の大きな朝日をしっかり見て満足な一日を・・・
[PR]